ホーム ITCとは? お知らせ・イベント 活動事例紹介 ITCコラム メンバー紹介 会規約 関連リンク
 
検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
  • uchiyamaさんのエントリ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ITCコラム - 「攻めのIT経営中小企業百選」の今年度の募集が始まりました

ヘッダーナビゲーション

「攻めのIT経営中小企業百選」の今年度の募集が始まりました2016/09/20 9:28 am

「攻めのIT経営中小企業百選」の今年度の募集が始まりました。

【経済産業省のホームページ】
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/investment/it_keiei/100sen.html


IT利活用に積極的に取り組む中小企業を3年間で100社選定する計画の最終年度です。
これまでの2年間で60社選定されていて、残りは40社。ITコーディネータが支援している企業も多く選定されています。

【ITコーディネータ協会のホームページ】
http://www.itc.or.jp/news/post_20150238.html

ITコーディネータ協会が事務局を担当していて、日本政策金融公庫様等からの、ご紹介企業に対する応募書類の作成支援も行っています。
昨年度に応募書類の作成を、お手伝いした企業様が選定されたこともあり、6月9日に行われた選定企業発表会に同行させていただきました。3か月前のことになりますが、今年度の募集も始まりましたので、発表会の雰囲気などを報告します。

発表会では「攻めのIT経営銘柄2016」と「攻めのIT経営中小企業百選2016」の選定企業が発表されました。会場は丸の内の丸ビルホール、主催は経済産業省と東京証券取引所です。

主催が東京証券取引所なのは「攻めのIT経営銘柄」を経済産業省と東京証券取引所とが共同で選定しているためで、経済産業省のニュースリリースには「我が国企業の戦略的IT利活用の促進に向けた取組の一環として、平成26年度から、東京証券取引所と共同で「攻めのIT経営銘柄」を選定し、長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介することを通じ、「攻めのIT経営」の取組を促進することを目指しています。」とあります。東京証券取引所に上場している企業が対象で、中小企業百選とは異なり、毎年、全上場企業にアンケート調査を行い、基準を満たした企業を選定するので、何社かは2年連続して銘柄選定されています。なお、調査項目のスコアリング項目として、次の5つがあげられています。

 機シ弍鎚針・経営計画における企業価値向上のためのIT活用
 供ゴ覿伐礎邑上のための戦略的IT活用
 掘ス兇瓩裡稗垠弍弔鮨篆覆垢襪燭瓩梁寮及び人材
 検ス兇瓩裡稗垠弍弔鮖戮┐覺霹彭取組み
 后ゴ覿伐礎邑上のためのIT投資評価及び改善のための取組み


 当日のプログラムは、主催者挨拶、選定説明、選定企業の発表・表彰と続き、基調講演2題、「攻めのIT経営銘柄2016」選定企業によるパネルディスカッション、「攻めのIT経営中小企業百選」選定企業の取組紹介という構成でした。

パネルディスカッションでは、銘柄選定された企業3社のIT部門の責任者や執行役員のかたが登壇され、IT経営の取り組み内容や成功要因などについて議論が行われました。企業に所属しているITコーディネータとして情報部門に提案している立場からは、利用するIT技術(クラウド、IoT、データ分析など)には身近なものがあり、それを経営戦略や企業価値向上と、どう関係づけるかという点で参考になりました。

取組紹介では、2015年の百選選定企業から2社、代表取締役が自社の取り組みを紹介されました。
1社は、制服やユニフォームに社名や名前を刺繍する企業で、Webでの注文受付、加工指示、加工データの刺繍自動機(ミシン)へ投入という一連の業務をITでつないで刺繍加工という労働集約型の仕事をトータルにシステム化して収益があがる企業モデルを確立しています。ミシンメーカやソフトウェア会社と組んで加工作業を合理化したことがきっかけということですが、注文の内容を正確に反映させるようするために、出来上がりのイメージを注文時にWeb上で見せるとか、入力された要望内容を加工側に伝えるとかITを活かした工夫をされていました。
もう1社は、訪問介護や通所施設運営などの介護事業に取り組んでいる企業で、労働負担が大きく、離職・労働移動率の高さが問題となっているなかで働きやすい職場環境作りにITを活用しています。お子さんを持つ職員のかたが働ける時間に働く、お子さんが病気になったときに休める、子育て後に復帰できるという職場づくりをされています。人手不足のなかで、いつ休んでもいいよということは大変なことだろうと想像できますが、お子さんを持つかたにとっては、休めない職場では安心して働けないので、起業時には、人材確保のためにも必要なことだったということでした。クラウド上で日報を運用しiPhone,iPadで日報情報を共有することで確実な引き継ぎと管理者の迅速な判断を可能にしています。「気づきカード」をこまめに写真にとってクラウドにあげるなど、お互いさまで休めるように、クラウド環境を活用していました。

2社とも厳しいといわれる業種のベストプラクティスとして選定されたわけですが、他社がIT部分だけをまねても同じ結果にはなりそうにありません。Web受注やクラウドなしではできなかったことですが、メーカやソフトハウスと連携する行動力、電話ひとつで休める職場作りという理念などが、たぶん重要なのだろうと思います。
日本を支えてるいるのは中小企業だといわれていますが、その理由がわかったような気がしました。
今年度また、どのような企業が選定されるか楽しみです。

内山健

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

Copyright (c) 2005-2006 IT Coodinator MIYAGIKAI All Rights Reserved.